眉村卓先生、第一世代SF作家陣との交流ぶりを熱く語る!!

2016年4月7日(木)19時~Cafe Live Wire にて

『眉村 卓 × 日下 三蔵』

日本のSFとミステリの二大ジャンルが最も熱かったあの時代=昭和。名作発掘マエストロ日下三蔵が、歴史的名作と巨匠たちの魅力を語る、濃厚なブックガイドシリーズ。
4月開催の第6回は 「インサイダーSF」を標榜し、創世記の日本SFの一翼を担った眉村卓さんご本人に登場いただいてのスペシャル回。
眉村さんといえば、代表作司政官シリーズを筆頭に、組織の内部で苦悩するリアルな人間像を描く社会派SFで有名ですが、一方では突如異常な状況に引きこまれた普通人の悲喜こもごもの心情を描いた「異世界もの」や、「ねらわれた学園」に代表される学園ジュブナイルSFなど多彩な作風を誇ります。また軽妙な味わいのショートショートもお得意で、特に病床の奥さんの為に毎日一本執筆した『日がわり一話』のエピソードは広く知られるところとなり、『僕と妻の1778の物語』として映画化もされました(現在星新一さんの1000作を超える日本最多のショートショート執筆者は、眉村さん)。第一世代の作家陣が次々に前線を去った今も、現役での活動を続ける鉄人作家です。


関西在住のためなかなかファンと接する機会のない眉村さんですが、今回は特別にその機会を設けていただけることになりました。眉村卓コレクションの編者でもある日下三蔵を聞き手に、眉村作品の魅力、執筆の背景、そして第一世代SF作家陣との交流ぶりなどについて、たっぷり語っていただきました!

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加