星へ行く船シリーズ 全5巻 発売決定!

新井素子の人気シリーズ。書下ろしを加えた完全版!

星へ行く船シリーズ全5巻 発売決定!

 

第1弾は 2016年9月12日(月)  2冊同時発売!

 

1星へ行く船

2通りすがりのレイディ

 

 

森村あゆみ、19歳。〈ちょっとした事情〉で、地球を捨て、火星へ家出中。

宇宙船に乗り無事に出航したと思ったら、怪しげな男たちと同室になり、厄介な事件に巻き込まれ…!?

主人公あゆみの成長と、ヒーロー的存在の太一郎との微妙な恋模様を描いた新井素子ワールド全開の物語。

書き下ろし、新あとがきを加え、新装・完全版として刊行スタート! 1、2巻、同時発売。

 

1巻の書き下ろしは「水沢良行の決断」

2巻の書き下ろしは「中谷広明の決意」

 

 

1星へ行く船16912日/978-4-88293-491-2

2通りすがりのレイディ16912日/978-4-88293-492-9

3カレンダー・ガール1611月発売予定/978-4-88293-493-6

4逆恨みのネメシス171月発売予定/978-4-88293-494-3

5そして、星へ行く船173月発売予定/978-4-88293-495-0

 

新井素子・著

各巻 本体1,400円+税(予定)

 

1~4巻まで、サブキャラクターを主人公にした書下ろし短編を併録!

5巻には、「αだより」を併録。「星へ行く船」文庫には入っていない貴重な作品です。

 ※(2017年2月14日編集:当初、5巻には書き下ろし短編なしということで進行しておりましたが、5巻にも収録されることとなりました。楽しみにお待ちください。)

 

著者プロフィール

新井素子(あらい・もとこ)

1960年東京都生まれ。立教大学ドイツ文学科卒業。77年、高校在学中に「あたしの中の……」が第1回奇想天外SF新人賞佳作入選し、デビュー。少女作家として注目を集める。「あたし」という女性一人称を用い、口語体で語る独特の文体で、以後多くのSFの傑作を世に送り出している。 81年「グリーン・レクイエム」で第12回星雲賞、82年「ネプチューン」で第13回星雲賞受賞。99年「チグリスとユーフラテス」で第20回日本SF大賞をそれぞれ受賞。「結婚物語」、「銀婚式物語」、「もいちどあなたにあいたいな」、「未来へ……」など著書多数。

 

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加