「週刊金曜日」にて『虐殺のスイッチ』の書評が掲載されました

「週刊金曜日」2018年10月19日号にて、森達也著『虐殺のスイッチ』の書評が掲載されました。
評者は武田砂鉄さんで、タイトルは「虐殺の萌芽は憎悪より安堵にある」です。

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連書籍