出版芸術社の本
ホームサッカー>世界最強のゴールキーパー論

スポーツ

書籍名

世界最強のゴールキーパー論
GK王国イタリアの技術・戦術・哲学


 
世界最強のゴールキーパー論
T.GK王国イタリアの歴史と息吹
U.なぜイタリアには優秀なGKが多いのか
クラウディオ・ラパッチョーリ(イタリアGKコーチ協会会長)
V.イタリアのプロ選手・プロコーチが語る理想のGK像
フランチェスコ・バルディ(インテル・U-21イタリア代表)
エミリアーノ・ヴィヴィアーノ(パレルモ・イタリア代表)
マヌエル・アモローゾ(インテル・ユース&ジュニアユースGKコーチ)
W.イタリアGKの神髄 ――基本中の基本――
フランコ・パレアリ(ボローニャGKコーチ)
X.日本の選手が体感したイタリアのGK論
権田修一(FC東京・U―23日本代表・日本代表)
Y.日本のGKコーチから見たイタリアのGK
藤川孝幸(国際武道大学監督・元ヴェルディ川崎)
Z.日本の育成年代のコーチから見たイタリアのGK論
武田幸生(TKDゴールキーパーアカデミー代表)

斉藤健仁 著
価格 本体1,200円+税
四六判ソフトカバー
各書店でご注文ができます。
アマゾン ブックサービス 紀伊国屋書店
楽天ブックス セブンネットショッピング TSUTAYAオンラインショッピング

作者プロフィール
斉藤健仁(さいとうけんじ)
1975年、千葉県出身。スポーツライター。
幼少から水泳、サッカー、テニス、ラグビー、スカッシュなどのスポーツを経験。
サラリーマンを経て雑誌、新聞、WEB等でサッカー、ラグビーといった国内外のフットボールを中心に取材・執筆。高校生新聞(高校生スポーツ)の記者も務める。
「世界のサッカー愛称のひみつ」(光文社新書)、「欧州サッカークラブ最強『事情通』読本」(共著、東邦出版)、「世界のサッカーマスコット大行進」(共著、小社)など著書多数。