出版芸術社の本
ホームサッカー>俺にはサッカーがある

スポーツ

書籍名

俺にはサッカーがある 不屈のフットボーラー16人


 
俺にはサッカーがある 不屈のフットボーラー16人

幼少時の親との死別、壮絶なイジメ、選手生命が危ぶまれるケガ・病気、スランプ・伸び悩み、クラブ・監督との確執、突然の戦力外通告……幾多の困難を乗り越え、力強くサッカーとともに生きてきたプロサッカー選手たち。
家族、恩師、仲間に支えられながら、彼らは苦境に対してどのように立ち向かい、克服してきたのか?
辛い時、苦しい時に勇気と元気をもらえる一冊!



川本梅花 著
価格 本体1,400円+税
四六判ソフトカバー
各書店でご注文ができます。
アマゾン ブックサービス 紀伊国屋書店
楽天ブックス セブンネットショッピング TSUTAYAオンラインショッピング

【掲載選手】

鈴木啓太 /榎本達也/青木良太/宇留野純/岡崎慎司/駒野友一/水沼宏太/シュナイダー潤之介/新井健二/瀬戸貴幸/坂本將貴/古賀正紘/小川佳純/藤本主税/波戸康広/小林慶行


書評
一色高・サッカージャーナリスト養成講座
「熱が下がった後も、鬱病みたいになって、サッカーを辞めてしまおう、すべてを辞めてしまおうという衝動にかられました」(本文より)。 いきなり度肝を抜かれた。2008年シーズンの鈴木啓太が、こんなことを考えていたなんて。それと同時に当時テレビの向こうのヒーローだった彼が、すっと僕の近くに降りてきた気がした。 サッカー選手だって人間だ。辛いこともあれば、折れそうなこともある。そんな中で壁を乗り越えた16人のフットボーラーの生き様が記された本が、この『俺にはサッカーがある 不屈のフットボーラー16人』(出版芸術社)である。

作者プロフィール
川本梅花(かわもと・ばいか)
サッカーライター。青森県出身。
ノンフィクションと戦術論が専門。
ジュネーヴ大学文学部言語学科博士課程留学。
大正大学綜合佛教研究所研究員。
サンスクリット語とソシュール言語学が専門。
『サッカー批評』(双葉社)、『フットボリスタ』(ソル・ メディア)、WEBサイト「スポーツナビ」などで執筆中。
著書は『サッカープロフェッショナル超観戦術』(カンゼン)と『大宮アルディージャの反逆』(出版芸術社)がある。
Blog:http://www.plus-blog.sportsnavi.com/kbaika/